神本です。

アフィリエイトとならんで、副業で初心者が手軽に取り組めるのが
「転売」ジャンルです。

サイトを作ったり、記事を書いたりする必要がないし
すぐに成果をだせるのがメリットです。

ただ、やっぱり長期的に見ると
肉体労働に近いし、
僕としてはトレンドアフィリエイトの手法などから
ネットビジネスは取り組んでほしいですね。

⇒下克上∞のレビューと特典


今回はそんな転売系のノウハウについて
気になる案件があったので取り上げてみます。



有本周平 『一億総バッタ時代』出版記念セミナーレビュー




セミナー講師:有本周平
販売ASP:ワールドトレードアフィリエイトセンター



「出版記念セミナー追加開催決定!

あまりに過激すぎる内容のため、本ではどうしても

書けなかった「裏」情報を大暴露します!」


ちょっと誇大気味だと思ったのですが^^;


内容は「輸入転売」で稼ぐ方法のようです。

このジャンルは1~2万円前後でもサポート付きの
多くの優良教材が出てきますね。


昔はホントに詐欺みたいな内容が多かったのですが
今は無料でも有料級の教材が多いです。


有本周平氏の今回の輸入転売の方法が特別か?


という点にまず疑問を感じます。

おそらく手法としてはオーソドックスで
どちらかというと高額塾へのオファーが
目的だと思われますね。


というのは以前も
有本周平氏は

SBC塾(サイドビジネスクラブ)という高額塾
を開催していて

これは高額なバックエンドでトータル100万円以上だったとか。


そもそも転売ってそれほど難しいノウハウでもないし
どちらかというと経験の方が重要だったりします。

それほど高額な費用をノウハウに払うなら
自分の経験のために使ったほうが間違いなく
稼ぐ力が身につきます。


優良の2万円ぐらいの優良情報商材を見れば
独学でも十分学べるし、購入したアフィリエイターさんでも
多くの方がしっかりサポートしてくれますからね。



『一億総バッタ時代』出版記念セミナーの学べる部分



ただ、今回の有本周平氏の『一億総バッタ時代』出版記念セミナーは
学ぶべき部分もあります。

それはセールスのかけかたですね。


最近は無料オファーでノウハウの核心部分を隠して
高額塾に誘導する手法が多いので
すべてのそういった手法が詐欺のように思われています。


詐欺というよりは手法そのものとサポートの内容が
価格に吊り合っていないのが問題なんですね。


有本周平はその集客手法に無料オファーでは
なく本の出版を使っています。


やっぱり本というと一般の人からの
認知や信頼は高いですからね。


本当に勉強したい人はしっかり本を買って勉強しようと思います。


濃い属性のユーザーをしっかり信用してもらいながら集める


これからはアマゾンキンドルを使って集客する
手法などが流行ってきそうです。


だからといって安易に信用してしまっては
ダメということですね^^;


自己投資して時間と知識を買うことは重要ですが
投資すべき場所をしっかり見極めるためには

目的意識をしっかりもつようにしましょうね。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加